会議紹介

10年の発展で、CHInano Conference & Expoは、マイクロナノ製造、ナノ新材料、生物医薬、エネルギー環境保護などの分野で、優秀なるフォーラムのパートナーができ、世界各地から抜群の人材、有名学者、政府関係者や企業代表に出席いただき、技術の最新成果、情報、動向の共有や製品アピール、資本提携、技術の交流を促進しております。

CHInano 2019ではシンポジウム1回、専門フォーラム16回、業界セミナー500余回は行われました。シンポジウムには4つのテーマリポートは講演されました。専門フォーラムは中国MEMS製造大会、2019全国フレキシブルプリント電子フォーラム、第4回インクジェットデジタル製造及び3Dプリント国際会議、第7回半導体デバイス製造プロセスと技術討論会、最新材料及び産業実用フォーラム、中豪(中国‐オーストラリア)研究革新及び産業化フォーラムがあり、約530回のリポートは行われました。

CHInano 2020はシンポジウム1回、専門フォーラム12回、新製品発表式や調印式12回とMEMSベンチャー大会(今年新企画)を予定し、マイクロナノ製造とそのデバイス、第三世代半導体、機能新材料などの新技術や産業化に注目しております。出展面積が20,000平米、展示やフォーラムの参加社数が1,000社、展示される新技術や新製品が1,600件に達すると予測しております。

本大会はアメリカ、日本、韓国、イギリス、オーストラリア、オランダ、カナダ、イラン、ドイツ、ポルトガル、シンガポール、フィンランド、デンマーク、スイスなどの数十か国からナノ技術関係の専門家を500人余り招致し、世界各地の有名企業、機構、大学や研究所から参加者を2万人余り集めると予測しております。本大会はパートナー、投資者、ベンダーやお客さんと交流する盛大の大会となると信じております。

主な報告 2019.10.23
Speaker of the Plenary Speech on CHInano 2019: Andre Geim

Graphene, 2D Materials and beyond


2010 Nobel Prize Winner in Physics, Academician of the Royal Society, Foreign Academician of the National Academy of Sciences, Foreign Academician of the Chinese Academy of Sciences, Professor of the University of Manchester

もっと知りたい

シンポジウム

10年の発展で、CHInano Conference & Expoは、マイクロナノ製造、ナノ新材料、生物医薬、エネルギー環境保護などの分野で、優秀なるフォーラムのパートナーができ、世界各地から抜群の人材、有名学者、政府関係者や企業代表に出席いただき、技術の最新成果、情報、動向の共有や製品アピール、資本提携、技術の交流を促進しております。

時間:2020年10月28日

場所:蘇州国際博覧センターホールA

もっと知りたい

展示概況

CHInano 納博会は10年間の心血を傾けた努力で、中国で規模や影響力が最も大きいナノ技術応用産業交流会となり、ナノ企業がアピール、製品展示、技術交流、市場開拓を行う最も相応しい舞台ともなっております。 CHInano 2019 第10回納博覧会はシンポジウム1回、専門フォーラム16回、各業界レポート530回を行い、国内外フェローを23人招致しました。展示エリアを18000㎡に増やし、国内外パビリオン8個、27か国からのナノ技術企業1,600社、来場者16,008人に出展・参加いただきました。

出展スケジュール

展示場所:Suzhou International Expo Center A, B, C (688 E. Suzhou Avenue, Suzhou industrial Park)

テーマ展

コアナノテクノロジーに焦点を当て、垂直ナノテクノロジー産業チェーンを構築する

出展範囲

資料ダウンロード

過去のレビュー

©苏州纳米科技发展有限公司版权所有 苏ICP备15009858号-1